フィト発酵エキスが肌のハリや弾力をアップさせる仕組みはコレ!

フィト発酵エキスが肌のハリや弾力をアップさせる仕組みはコレ!

フィトリフトには独自成分のフィト発酵エキスが入っています。
フィト発酵エキスは免疫活性化効果が高いとわかっています。

 

 

それをスキンケア化粧品に応用したのが、
爆発的人気になっている、フィトリフトなのですね。

 

 

プラセンタ以上のエイジングケアがあると大注目されています。
実際にどんなふうにお肌に働いてハリ美肌を叶えるのか見てみましょう。

 

 

最初にフィト発酵エキスのエイジングケアをまとめますね。
大きくは次のように5つの働きが期待されています。

 

 

1.美肌環境を整える

 

2.ハリ・弾力

 

3.ターンオーバー

 

4.抜群な保湿力

 

5.肌の活力アップ

 

 

1.美肌環境を整えるとは?

 

エイジングケア成分として有名なのがプラセンタですよね。
これは、成長因子やアミノ酸やビタミンを多く含んでいます。

 

だから、お肌の環境を整え美肌にする大元の栄養源になるのです。
フィト発酵エキスは同じような働きを持っています。

 

そして、さらにフィトリフトは自信が持つ活性化効果を発揮して、
美肌の元になる肌環境を活性化する働きをしてくれるのです。

 

その活性化力はプラセンタの約2倍もあるそうです。

 

 

2.ハリ・弾力はどうやって生まれるの?

 

フィト発酵エキスはお肌の中に浸透して、
肌環境を活性化させる働きをします。

 

そうすると、活性化した肌環境が成長因子を刺激して、
コラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンなどをサポート。

 

かだら、内側からハリや弾力をアップできるのです。

 

 

3.ターンオーバーにどう関係するのですか?

 

ご存知の通り、お肌は一定の周期で生まれ変わります。
この生まれ変わる周期のことをターンオーバーて言いますね。

 

お肌が若くて元気なうちはターンオーバーは28日と言われます。
それが30代では約40日、40代では約50日、50代では2カ月以上に。

 

年齢とともにお肌の元気がなくなるのはこのためです。
フィト発酵エキスはお肌の中で成長因子を増加させ、

 

ターンオーバーを促進するから、肌環境が整えられ、
新しい肌に生まれ変わるお手伝いをしてくれます。

 

 

 

4.保湿力が抜群な理由はこんな仕組みでした!

 

フィト発酵エキスにはお肌に浸透しやすい仕組みがあります。
それが親油性(脂になじむ性質)と親水性(水になじむ性質)です。

 

親水性の物質の周りを親油性の膜で覆っている。
これが、フィト発酵エキスの構造です。

 

お肌の表面は皮脂膜で覆われていますよね。
フィトリフトを塗ると外側の親油性の部分が皮脂になじみます。

 

そうやって肌になじんだところで内側の浸水性の部分が、
お肌の奥の方まで楽々と浸透して行くことができるのです。

 

だから、お肌の中に水分をたっぷり供給しキープします。
そうやって、乾燥から角層を守りハリを甦らせくすみをなくします。

 

 

5.活力アップでトラブル因子を寄せ付けない!

 

フィト発酵エキスが浸透すると肌環境が活発化するので、
外からのトラブル因子に負けないたくましいお肌に生まれ変わります。

 

だから、40代や50代に表れやすい年齢敏感肌にも、
効果を発揮し、エイジング効果が期待できるという仕組みです。

 

 

いかがでしょうか、植物から見つけたフィト発酵エキス。
すごい力があるってことがおわかりいただけたと思います。

 

 

フィト発酵エキスを配合したフィトリフトが、
40代や50代の女性にウケている理由もわかりますね。

 

 

まずはフィトリフトのお試しで相性を確かめてください。
きっと素敵な出会いになることでしょう。

 

 

>>>フィトリフトオールインワンジェルをくわしく見る