今さら聞けない?化粧水ってどんな役目をするのでしょうか?

今さら聞けない?化粧水ってどんな役目をするのでしょうか?

フィトリフト オールインワンジェルは化粧水・美容液・乳液・クリーム・パックが一つになった化粧品だと宣伝されています。

 

 

基礎化粧といったら、化粧水→美容液→乳液→クリームという順番に、半ば当たり前のように理解していますが、これって正しいのかしら?

 

 

そもそも、化粧水って何のためにつけるのでしょうか?つけないって選択肢はないのでしょうか?

 

 

今さら聞けないような常識かもしれませんが、気になったので改めて調べてみることにしました。

 

 

化粧水って改めて調べてみると、肌を保湿して整えるための透明の液状の化粧品のことを言うようです。乳液や美容液などの肌への浸透を助ける働きもするそうです。

 

 

英語ではローションとかトニックなどと呼ばれるもののようで、成分としてはほとんどが水でできているよとのことです。

 

 

肌を保湿すると言っても化粧水で水分を補給し肌の水分量を増やすわけではなさそう。あくまでもお肌が水分を保持して乾かないようにお肌を整えてあげるのが化粧水の役目です。

 

 

どのくらいの分量を使った方が良いのかというと、片手の掌にこぼれないで載せられるだけを2回分が適量とか。

 

 

手で付ける人とコットンで付ける人に分かれるかと思いますが、それぞれにメリットとデメリットがあります。

 

 

手で付けるメリットは刺激が少なく温かいので肌へのなじみも良いことで、デメリットは均等にならずに塗り残しが発生することと、体温で化粧水が蒸発しやすいことなどです。

 

 

コットンの場合は、化粧水の蒸発が少なく均等に塗れるということがメリットで、デメリットは繊維などで肌への負担があることと使用量が多くなりがちなことです。

 

 

どちらにするかは好みにもよると思いますが、資生堂のサイトで見たら、コットンで付けることをおススメしていました。

 

 

塗り方はどんなふうにしたらよいのか、おさらいをしておきましょう。

 

 

手で付けるなら、化粧水を両方の手のひらに広げて顔全体を覆って中心から外側に向かって延ばしてなじませましょう。

 

 

コットンで付ける場合は、中指と薬指の腹にコットンをのせて人差し指と小指で挟み、化粧水がコットンの裏側にしみ出るくらいまでたっぷり含ませましょう。

 

 

コットンの化粧水を肌にしみ込ませるように丁寧になじませてあげましょう。顔全体だけでなく首にも塗った方が良さそうです。

関連ページ

オールインワンに多いゲルとジェルの違いって何ですか?
オールインワン化粧品に多いような気がするゲルとジェル。どんな違いがあるのでしょうか?ちょっとだけ詳しく調べてみました。
オールインワン化粧品にはどうしてジェルが多いのでしょうか?
フィトリフトはオールインワンジェルです。オールインワン化粧品はたいていジェルですよね。ジェルならばオールインワンと考えてよいのでしょうか?改めてオールインワンを考えます。
ゲル化技術で実現したのがオールインワン化粧品なのです。
オールインワン化粧品って画期的発明ですよね。お肌の手入れの時間短縮になるし、経済的にも助かります。これってゲル化技術のなせる業だったのですね。
オールインワンかどうかは成分が決めるということ?
オールインワンなら全部同じというわけじゃないようです。注目は成分です。同じオールインワンでも製品によって成分が全然違うみたいですよ。
オールインワン選びのポイントはその含有成分です!
オールインワンは中身が勝負です。含まれている成分を見てほしい効果が得られそうならゲットしましょう。
美容液とはどんなもののことをいうのでしょうか?
美容液といったらどんなもののことなのでしょうか。美よ液の役目は?知っていそうでいまさら聞けない美容液についてです。
乳液とは?どんな使い方がおススメでしょうか?
乳液とはどんなもののことを言うのでしょうか?使い方はどうなっているのでしょうか?いまさら聞けないような基礎知識をまとめてみました。